野生の魂

午後、野良の子(去年の子かもしれません)が、近所の道脇に生えている雑草の先端
目がけて背伸びをしているのを目撃しました。『ちょっと、変わったポーズだな』と、
思いながら見ていると、振り返ったその口にバッタがくわえられていました。

 近所に住んでいた「猫おじさん」が引越して、エサが貰えなくなったようですが、
彼等の知恵と力で生き抜いているのですね。もう少し大きくなれば、スズメを狩る
知恵と技術も身につけて行くことでしょう。身につけなければ、冬は越せなくなるから…
 デン子も私と会った時には、かなりの狩り名人でした。3年前まではちゃんと狩りをしていたのですけど、今はスズメにも興味なしです。
[PR]
by sorciere-iris | 2008-09-14 23:10 | ひとりごと