香りのある暮らし

 アロマテラピーを始めるまでは、“香り”とは縁の薄い生活でした。
どちらかというと“香り”は苦手で、オーデコロンも芳香剤も使わず、唯一無臭の
脱臭剤が置いてある程度だったのです。

 今は帰宅後の食事あとには、その日の気分や季節に応じた香りを焚き、掃除の時には必ず、用途に合わせた精油を入れたアルコールと水のスプレーをして拭き掃除をします。
 我が家に訪問した人は、玄関の前に立った時からほのかな香りが漂ってきて、
ちょっと幸せな気持ちになるのだそうです。

 アロマテラピーサロン『イリスの森』の存在もそんな範疇なのかもしれません。
[PR]
by sorciere-iris | 2008-08-19 21:58 | ひとりごと