アロマサロン『イリスの森』セラピストのプロフィール

◆プロフィール
・2004.9. 社団法人 日本アロマ環境協会認定 アドバイザー取得
・2005.6.        〃         インストラクター取得
・2006.9.        〃         アロマセラピスト取得
・2008.1. 特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会公認 
ハーバルセラピスト取得

現在、平日の昼間はOLとして働きながら、帰宅後の時間と土日祭日をアロマサロン
『イリスの森』をオープンして、お客様の疲れた身体と気持ちをリフレッシュする
お手伝いをさせていただいてます。
b0140659_23535088.jpg

◆アロマとの出会い
アロマとの出会いは、雑誌などに紹介されているセラピストさんたちのような、衝撃的な出会いではありませんでした。もともと“香り”が苦手で、『アロマセラピスト』という言葉は知っていても、“アロマ=香り”と“セラピスト=療法士”どうつながるの?って具合でした。
 ただ、20代の頃から『ハーブ』については興味があったので、専門的な勉強をしたいとは常々思っていましたが、アロマセラピーについては認知度もなく、プライベートでアロマのボディトリートメントを受けたことも無かったくらいです。
b0140659_2354695.jpg

 きっかけは、語ると長くなってしまいますが、今の家に引越した直後に起きた「座骨神経痛」だったのかも知れません。週2〜3日の整骨院での治療は、完治するまで約1年かかってしまいました。通っていた治療院はとても混んでいて、待合室での退屈な時間を埋めるために毎日本を読んでいました。

 腰の状態もだいぶ良くなって、心にもちょっとゆとりが出てきた時期、その頃、会社や仕事、将来のことについて悩んでいた頃でもありました。いつものように治療院の待合室で読むための本を探すため、本屋を散策していたのです。
 いつもチェックするコーナーで、ふと手にしたのが森川理恵氏著『はじめてのアロマテラピーBOOK』という本でした。アロマテラピーに関する本がそこにあったのは以前から知っていました。でも、手に取ろうという気持ちには全然ならなかったのです。
 本の中にはマッサージの仕方やローションの作り方、お肌の手入れ方法などが分かりやすく書かれていました。『アロマテラピーって、香りを楽しむだけのものではないの?』と、認識を新たにしたのです。
b0140659_23542811.jpg

 それから“アロマテラピー”について知りたくなりました。
電話帳を開いて、近くで教えてもらえる所があるのか調べました。群馬という土地柄なので少ないながらも、幸いにして家の近くにある事が分り通うことになりました。

 最初は自分に合った化粧水などが、安心安全な素材で作れることを目指していたので、資格試験のことなど考えていませんでした。ただ、先生に進められるがまま、試験を受け、運良く合格してしまった!という感じでした。
b0140659_061159.jpg

そして、インストラクター資格を取得する勉強をすることになりました。
でも、ここまで。『教えることのできる資格まで取れればいいや』と思っていました。
セラピスト資格取得講座は受講する予定ではありませんでした。
 しかし、セラピスト資格取得講座が開講する頃、母の膝が痛んで辛いという話を聞き、両親の年齢などを考えると、トリートメント技術を取得することも良いかも知れないと感じ始めました。
b0140659_23563834.jpg
 
 そして、いつしか“サロンを開きたい!”という夢につながっていったのです。
今思うと、思い込みかも知れませんが、アロマテラピーの勉強を始めた前後にちょっと不思議な流れがあったのですね。『アロマテラピー』という、今までの私では考えも付かないような世界へ一歩を進めることに至ったのです。
b0140659_0151144.jpg

[PR]
by sorciere-iris | 2008-06-28 22:01 | プロフィール